事業概要

原料買付斡旋

牧之原を中心とした静岡県をはじめ、全国各地の産地・銘柄の茶葉が買い付け可能です。また、味や香り、お茶が育つ環境からの選定、ご予算のご相談も承ります。サンプルもご用意しておりますので、直接品質をお確かめください。
ご注文をいただいた茶葉は、仕入れ後、冷蔵倉庫にて保管いたします。


サンプル

ページの先頭へもどる▲

加工・販売

緑茶・ほうじ茶のブレンド、異物除去、粉抜き、型合わせなどの仕上げ加工作業。ほうじ茶の焙煎。緑茶の小袋詰めなどを行っています。


イメージ

→異物除去ライン(3t/日)

異物が多いと思われる荒茶に混入している、石や茎などの異物や粉を取り除き、本茶へと選別していきます。また、仕上げ加工済みのものを、ご要望に応じて2mm〜8mmの範囲内でカットすることも可能です。


異物除去ライン全景

外観

→仕上げ茶ライン(6t/日)

異物の少ない荒茶や異物除去ラインを通した荒茶を分離ラインにかけ、選別していきます。さらに、色別ラインで抹茶・芽茶・本茶に分けられ、厳選されたものだけが出荷されます。また、ブレンドもここで行われます。 コンピュータ制御で24時間稼働し、日産6tの加工が可能です。


分離ライン

仕上げ茶ライン全景

外観

→ほうじ茶ライン(6t/日)

分離ラインで異物や粉を取り除き、形や大きさを揃えた後、火入れラインに2度かけて焙煎します。その後、冷却ラインにかけられ、香りを高めるために緑茶をブレンドしていきます。ほうじ茶ラインは2つあり、1つは飲料用、1つはリーフ茶用として使い分けられます。


火入れライン

冷却ライン

外観

→梱包ライン(1万本/日)

小売り用リーフ茶の袋詰め、箱詰めを行います。4つの自動包装ラインで、お茶の新鮮な味と香りを逃さない、真空パック詰めが可能。包装の際の不純物チェックを目視で行うとともに、全ラインに金属探知器を設置しています。


自動包装ライン

外観

ページの先頭へもどる▲

原料保管

冷蔵倉庫(3棟・1,000t)
茶葉の品質を保つため、買い付けた茶葉を必要に応じて冷蔵倉庫でストックいたします。1袋単位で管理ラベルが貼られ、厳重に保管されます。1年に必要な量を一気に買い付ける茶業界にとって、膨大な量を自社でストックするにはリスクがありますが、弊社にお任せくだされば、そのリスクも軽減されます。


内観

外観

ページの先頭へもどる▲

事業概要